Vital Development® ブログ

バイタルな四大元素④【水】-Vital 4Elements

今日は、【水】についてお話してみたいと思います。

水は、流れ、変化、清らかさ、癒やし、感情の領域のエレメントです。
人生に豊かな循環や流れを招きたい人、癒やしと心の平穏が欲しい人は、ぜひ読み進めてみてくださいね。

(さらに…)

バイタルな四大元素⑤【火】-Vital 4Elements

 今日は、【火】についてお話してみたいと思います。

火は、そのパワーと熱で人々を恐れさせると同時に、強く惹きつけます。

もっと輝いて、もっと喜びを感じながら生きたい!もっと自分の人生に愛と情熱をもたらしたい!と願うすべての方に読んでいただきたいと思います。

 

(さらに…)

バイタルな四大元素⑥【エーテル】-Vital 4Elements

【エーテル】について、きょうはほんの少しだけお話します。
というのも、バイタルデベロップメントーバイタルダンスでは、ながらく、このエレメントについては多くが語られなかったからです。

 

大地、大気、水、火の四大元素に加えて、エーテルは5つ目のエレメントです。
中国の五行では、空(くう)とされています。

(さらに…)

人生に愛と喜びをもたらすVitalDevelopmentⓇ愛とスピリチュアリティ―

神様、天使、神秘、・・・憧れるけど・・・、触れることができない、触れられない、軽々しく扱ってはならない・・・と、それらは日常からずっと遠くにある世界、なのではないでしょうか。
「あなたの中に神様はいますよ」、「あなたの中に神聖さがあります」という人もいるけど・・・

都会のラッシュ時、行きかう人々は殺伐としたエネルギーに満ちているし、会社では人との接触さえなく機械のように仕事をこなすだけ。時間、空間、お金のゆとりもなくて、気が付くと必死に生きていたり、同じ毎日の中に埋もれている自分がいたり。

どこにも神様も、天使もいない、人間的な愛さえもほど遠い日常の中にいては、神聖な世界は神殿や人里から遠く離れた森林とかにしかなさそう。

(さらに…)

1. 3つのレベルの愛について

「愛しています」
ちょっと恥ずかしいような、くすぐったいような感じ?

試しに、このフレーズを小さい声でつぶやいてみてください。
そして、対象者を決めて言ってみるようにしてみると・・・、

自分
お付き合いしている男性・女性、
お父さん、お母さん、
息子、娘、大切な友達、
お花、海、空、大好きな場所、
神様、女神様・・・、など。

どうでしょう?

気持ちがふっと軽くなったり、
ハートがふわっと広がったり、
身体が熱くなったり、
するかもしれません。

いい気分になること、身体で感じること、

そう、愛は特別なこと、ではありません。
遠いどこかにあるのではなく、
いつも自分の中にあって、日常生活の中で、
ふとチャンネルが合えば愛というエネルギーが流れていることに気が付くでしょう。

愛は、私たちに安心感や幸せ感をもたらして、
身体によい影響を与えて、健康をもたらします。

もし、日々の生活の中で、
ピリピリ、イライラしている、
自分を責めたり、
人をうらやましく思ったり、
身体が重いなと感じたり、したときは、

ちょっと呼吸をして、自分に優しく触れたり、
いい気持がする音楽をかけたり、
そして、「愛しています」、と心の中でつぶやくことができれば・・・。
こんな風なちょっとしたポジティブなアクションで、
愛の泉につながることができると思います。

 

 

さて、ポジティブな影響を与える愛について、もう少し深く考えてみたいと思います。

愛というエネルギーは、まるで血液のように、
私たちの中をいつも流れていて、複数人が愛のエネルギーでつながれば「愛し合い」ますね。
そして、愛は大きく3つのレベルに分けてみることができます。

1.本能的、肉体レベルの愛、
2.感情的、情愛、ハートの愛
3.献身、神聖な愛、神や自然とのつながり

1の愛は、身体で感じる、表現する愛。
自分の身体に触れて自分を愛することや、
男女間のセックス、人との心地よい触れ合い、などですね。

2の愛は、心で感じる愛。
パートナーを心から愛する気持ち、
親が子どもに対して、愛おしいと感じる気持ち、
大切な友達を気遣う気持ち、などです。
愛、といえばこちらが一般的に認識されている愛のレベルです。

3の愛は、「自分」を超えたところに存在する愛。
魂同志が愛するということ、
自分を捨てて身も心もささげる献身、などです。

 

 

3つのレベルの愛は、どれも美しいものですが、
すべてが統合されると、またすごいことになります。

例えば、男女の関係においては・・・、
惹きあう魂同志が、心から愛しあい、
愛を身体で感じ表現するための、触れ合いやセックス、を通して、
3つの愛が融合するとき、
その最高点に達した瞬間を「エクスタシー」といいます。

その瞬間には、時間も空間も制限も何もなく、
ただ幸せ感や陶酔感、満たされた感があるだけ。

最高のスピリチュアリティ―、神聖さの中に漂っている瞬間、なのかもしれません。

ということは、神様や神秘とつながるキーは、「愛」。
愛は、神聖な世界とつながる懸け橋になるのかもしれません。


次回のコラムは、2.男女の性愛(セクシュアリティー)の本当のこと です♪

 

目次:
1.3つのレベルの愛について
2.男女の性愛(セクシュアリティー)の本当のこと
3.愛し愛される体質づくり
4.神聖な愛について


 

・ただ生きているだけ働くだけの人生から脱却したい、
・ひとりぼっちと感じてしまう、
・愛し愛されるパートナーシップが欲しい、
・意味ある愛に満ちた人生を求めている、
・日常の中で神様と繋がることができるなら体験してみたい
など思う方へ☆★

 

 

日常の中に愛とスピリチュアリティ―が満ちていることを実感できる、
Vital DevelopmentⓇのワークショップ。ぜひご体験ください。

 

★体験的ワークショップ

7つのチャクラを愛で開きます
5月18日(金)19:00-20:45 イントロダクションワーク
@上北沢区民センター 多目的室
https://www.facebook.com/events/585120878525126/  

 

深い愛の体験の幕があきます
6月8日(金)19:00-20:45 イントロダクションワーク
@代沢東地区会館 2階大会議室(京王井の頭線「池ノ上駅」徒歩6分)
https://www.reservestock.jp/events/256373

 

★深く体験、実感して実生活に生かす鍵を見つける
5月ウィークエンドワークショップ / 5月19日(土)~20日(日)
”愛とスピリチュアリティ” 講師:堀口美智子 ほか
https://www.reservestock.jp/events/251115 

6月ウィークエンドワークショップ /  6月9日 (土)~10日(日)
”Love – Amor & Affection” 講師:マルセーロ・ディ・マテオ
https://www.reservestock.jp/events/256373 

★日常の小さな気づきと体験を積み重ねるショートクラス
VitalDanza®公式HP
http://vitaldanza.jp/ 

Facebookページ
https://www.facebook.com/VitalDanzaJapan/

2. 男女の性愛(セクシュアリティー)の本当のこと

愛には3つのレベルがある、と書きましたが、
今回は肉体レベルの愛、特に男女間の性愛について、お話をしたいと思います。


こんなお悩みをよく聞きます。

「パートナーが欲しいけどいつまでもできない」
「セックスが好きじゃない」「満足したことがない」

など。


パートナーシップのことだから、どうにもならない、と解決方法はない、と考えがちと思います。
でも、パートナーができるできない、パートナーとの肉体関係に満足するかどうかは、自分自身がそのまま映し出される、結果のようなもの。


自分が放つバイブレーションのようなものが、「誰か」を引き寄せますし、
パートナーとの関係は自分のエネルギーと相手とのダンスのようなもので、性の否定、苦手意識や自信のなさなどがあればうまくいかないでしょう。


もしも、

「自分の身体が好きになれない、どこかが不満」
「忙しくて自分のことをケアしたり面倒見る時間がない」

など、身体に対して否定的だったり、優しくなかったとしたら、まずは、自分の身体を大事にすることから始めるといいですね。

たとえば・・・?


身体が喜ぶ食事をする、

自分に合うエクササイズをして身体を喜ばせる
身体に触れていたわる、
自然がいっぱいの気持ちの良い場所で過ごす・・・など。

 

 

「自分」を大切にすること、愛することを「自愛」といいますが、それが当たり前になってくる頃には、愛というバイブレーションが放たれて、目の前に幾人かの異性が現れたり、パートナーとの肉体関係に対して肯定的になっているかもしれません。

 

 

さて、さらに、男女の違いも知って、互いを尊重することができれば、より良い関係を持つことができます。

 

男性脳、女性脳、という言葉を聞いたことがありますか?

男性と女性では脳の特性が違い、感じ方や考え方が異なります。

男性は直線的、論理的で結果をすぐ出したく、

女性は曲線的、感情的で相手との共感を得て初めて楽しむことができます。

※女性が皆女性脳であるかといえばそうでもなく、女性の身体を持っていても男性脳が強い人もいますし、男性の場合も同じく、女性脳が優位の人もいます。


女性は、感情的に満たされることを大切にするので、まずハートで愛を確かめて、その次に性の衝動へと移行します。

男性は、直線的、ストレートなので、性の衝動からすぐに結果を出す行動へと移ります。

そこでギャップが出てしまうので、ゆっくりと時間をかけて愛を確かめるステップをふむことがとても大切なのですね。

 


さて、女性のハートが開いたら、今度は身体の中へ通じる扉を開いて、相手方を内へ招き入れ、男性は、外から内へ入り、女性の中に広がる「宇宙」で愛し合います。


「宇宙」と表現しましたが、宇宙とは、地球のように陰と陽のような相対的なエネルギーが存在しないゼロ空間。


男女の身体を通して愛し合うということは、生まれる前にいたであろう、陰陽、男女と別れていない「宇宙」の中でひとつになることができる、完全体となって本来の自分を確かめるということなのかもしれません。

 

 

次回のコラムは、 3.愛し愛される体質づくり です♪

 

目次:
1.3つのレベルの愛について
2.男女の性愛(セクシュアリティー)の本当のこと
3.愛し愛される体質づくり
4.神聖な愛について


 

男女の性愛‐セクシュアリティーをテーマにした、
音楽と身体の動きを使ったVital DevelopmentⓇワークショップ。
自然とセクシュアリティーが開き、豊かな自分になれるムーブメントワークです。

 

★初めての方はこちらからおすすめ★

<体験的ワークショップ>
7つのチャクラを愛で開きます
5月18日(金)19:00-20:45 イントロダクションワーク
@上北沢区民センター 多目的室 (京王線「上北沢駅」南口から徒歩3分)
https://www.facebook.com/events/585120878525126/  


深い愛の体験の幕があきますーマルセーロ・ディ・マテオ氏来日プログラム

6月8日(金)19:00-20:45 イントロダクションワーク
代沢東地区会館 2階大会議室(京王井の頭線「池ノ上駅」徒歩6分)
https://www.reservestock.jp/events/256373


★深く体験、実感して実生活に生かす鍵を見つける★

<ウィークエンドワークショップ>
● 5月19日(土)~20日(日)

”愛とスピリチュアリティ” 講師:堀口美智子 ほか
https://www.reservestock.jp/events/251115 

 ●6月9日 (土)~10日(日)
”Love – Amor & Affection” 講師:マルセーロ・ディ・マテオ
https://www.reservestock.jp/events/256373 

 

★日常の小さな気づきと体験を積み重ねるショートクラス★
VitalDanza®公式HP
http://vitaldanza.jp/ 

Facebookページ
https://www.facebook.com/VitalDanzaJapan/

 


<ワークショップ体験者の声>

36歳 女性
私はいつも周りの人から「男っぽい」と言われ続けていました。
スカートを最後にはいたのは、18歳のころ。いつもパンツ姿で、お化粧もしない私。
女性的な人や洋服や雰囲気って、なんか媚びている感じがしたりして、結構、女性を否定していました。
バイタルデベロップメントに参加したのは、フリーダンスだということを聞いたからです。
自由に踊るのが好きだったので。
そして、参加してみたら、すごく楽しくて、時間が止まってしまうような瞬間が何度もあって、あ~、もう終わっちゃった、と毎回そういう感じでした。
そんな楽しい時間だったけど、苦手なことが一つありました。
自分の中の流れを感じて踊る、というようなセクシュアリティーな感じのエクササイズです。身体が思うように動かせなくて、ガチガチな感じで、いつも違和感を感じていました。
1年くらいたったころでしょうか。あるとき、アフロディーテのエクササイズ、みたいなことをやったときに、腰も身体も全部滑らかに動いていていました。それまでに感じたことの内容な心地よさでした。
その後からだと思います。急に洋服の趣味が変わりました。極端ですけど、ひらひらのお洋服が欲しくなったり、かわいい下着を買ってみたり。それまで否定していた「女性」、に急に戻った感じで。そうしたら、ちょっとだけ、モテるようになって・・・。今では「女性」であることを楽しんでいます。


32歳 女性

親から「セックスはいやらしいもの。男性に気を付けなさい。」と言われて育ちました。
彼氏ができても手をつなぐのは楽しいし、触れるのも気持ちがいいと思っていましたが、1,2度セックスをするともう嫌になってしまい、セックスレスが続いていました。
当然彼ができてもあまり関係が続きません。そんな時に、セクシュアリティーを開く、というテーマのバイタルデベロップメントのワークショップがあって、参加してみました。
連続のワークショップだったのですが、回を重ねるごとにいろいろにオープンになれてきて、性に対するゆがんだ見方が少しずつ変わっていったと思います。
今では前よりも彼との関係が楽しめるようになったと思います。

 

3.愛し愛される体質づくり

男女の愛についての質問です。

愛したい
愛されたい

あなたはどちらを望みますか?

 

女性の圧倒的多数(8割ほど)が「愛されたい」を選ぶようです。
確かに書いている私本人も(私、女性)「愛されたい」方を選びました!


女性にとって「愛される」ことは、陰・月の性質を持つ女性の本能なのかもしれませんね。


では、男性にとってはどうでしょうか。

陽・太陽の性質だし、積極的なイメージが強いから、きっと「愛したい」が多いのだろう、と思ったのですが。調査の結果では、6割がた、女性と同じように「愛されたい」のだそうです。


やっぱり愛はいっぱいほしい!……ということでしょうか。

 

 

さて、こんな悩みを聞くことがあります。

 

「自分は愛される価値がないと思う」
「愛するのが怖い。いつか裏切られて傷つくかも」
「愛情の乏しい家庭で育った。だから愛するってよくわからない」

 

心は繊細です。男女の愛だけでなく、親子や友達関係でも、傷つく体験はつらいもの。
子どものころは愛を受け取るだけでいい時期なのに、そこで愛の体験がないと感じるなら、
大人になって愛を受け取ることも与えることもできなくなるかもしれません。

 

愛、それは食べ物や空気のように私たちにとって必要な栄養素です。
赤ちゃんは親からの関心、愛がないと死んでしまうそうですが、
大人になってからも愛は生きていくために必要なエネルギーです。

 

さて、大人になってから愛の感受性をあげるには、
傷ついた体験があっても愛することができるようになるには、
愛に満ちた豊かな人生を送るには、自分自身で何かできることがあるでしょうか。


愛を高める3つのことについてお話ししたいと思います。

1)感覚が大事。考える、から感覚へのシフト。
2)自分中心を確立すること。
3)自分に正直になること。

 

1)感覚が大事。考える、から感覚へのシフト
「考える」よりも「感じること」を大事にすると愛の世界に近づきます。

考える、というのは、論理、理性の脳を使うので、基準に合わないと受け入れられなく自分や他者を批判したり、数字でしか割り出せない世界を信じるため、こうなったらどうなるだろう?と限られた可能性の中で物事をみて、不安や恐れがおきてきます。

世界は冷たく暗くなり、明るさや喜びが少なくなります。

これは愛とは真逆の世界。

愛は、感じる世界。
人が嫌なことを言っていてもその奥にある優しさや悲しみなどがわかる、感じると、許せます。

相手を感じてあげることができれば、相手は安心します。感じるは、安心の喜びの、愛の世界へと通じています。パートナーシップ、親子関係、どの関係においても、「感じること」は愛あるコミュニケーションの土台になるでしょう。

もし、考えることが好き、とか、いつも頭を使ってばかり、という人は、感覚を使うようなことをするとよいでしょう。
音楽を聴いたり、ダンスをしたり、美しいお花を眺めたり、食事を味わったり。

 


2)自分中心を確立する。
自分中心って、エゴイスティックじゃない?と思うかもしれません。

ここでの自分中心とは、自分を尊重するという意味のことです。

傷つきやすい、人に左右されやすい、愛される価値がない、という人は、自分がどう感じるか、どう思うか、よりも、他者がどう見るか思うか、と他者基準になっていることがあります。
周りの評価が基準になると、周りに左右されますし、依存もしやすくなります。

自分が期待していることが得られないと、傷つきやすくなったり、不安定になり、愛に条件付けをするようになってしまいます。

一方、自分中心を確立している人は、「私は私」、とか、「今の私はこう」など、自分に対してニュートラルになれるので、安定しています。

また、他者を自分と同じように尊重できますあの人の意見は私と合わないなあ、と思っても、それはそれでいい、と思えて人間関係の悩みが少なく楽です。

 

 

3)自分に正直になる
自分に正直になる、ということは、愛へのコミットメント。
自分を大切にするというのは、人を大切にすること。
自分を愛することは、人を愛すること。

本当の心が望まないのにやっている、を続けていると、自分を粗末に扱っていることに・・・そしてそれは、人に対しても丁寧に扱わないことになってしまいます。

だから、小さなことから、自分に正直になること、を約束してみるといいですね。

「いつも誘われると参加しているグループのランチ会。本当は楽しくなく義理で参加しているから、3度に1度の参加にしてみよう!」
とか、

「私は子どものころからバレエを踊りたかった。今更と思うけど、習い始めよう☆」
など。

そんな風に自分に正直になるように心がけて行動へ移していくと、愛へのコミットメントが太くなるので、愛が大きくなっていきます。

誰かを愛するときには自分から「あなたが好き。なんでもしてあげたい!」と熱い愛を注ぐことができるでしょうし、相手からは熱烈に愛されるようになっているでしょう。

 

 次回のコラムは、いよいよ最終話、 4.神聖な愛について です♪

 

目次:
1.3つのレベルの愛について
2.男女の性愛(セクシュアリティー)の本当のこと
3.愛し愛される体質づくり
4.神聖な愛について


 

☆★愛し愛される体質づくりは、実際にトレーニングを受けることが一番効果的です。
Vital DevelopmentⓇでは、音楽と動きのムーブメントワークの中で、感覚を豊かに感じられる環境を整えています。
また、楽しむこと、自分を愛することを動きの中で実践し、他者との温かい愛に満ちたやり取りも自然と湧き出るようになっています。
ここでは日常生活ではなかなか出会えない愛の世界を体験できます。

 

★初めての方はこちらからおすすめ★

<体験的ワークショップ>
7つのチャクラを愛で開きます
5月18日(金)19:00-20:45 イントロダクションワーク
@上北沢区民センター 多目的室 (京王線「上北沢駅」南口から徒歩3分)
https://www.facebook.com/events/585120878525126/  


深い愛の体験の幕があきますーマルセーロ・ディ・マテオ氏来日プログラム初日

6月8日(金)19:00-20:45 イントロダクションワーク
@代沢東地区会館 2階大会議室(京王井の頭線「池ノ上駅」徒歩6分)
https://www.reservestock.jp/events/256373


★深く体験、実感して実生活に生かす鍵を見つける★

<ウィークエンドワークショップ>
● 5月19日(土)~20日(日)
”愛とスピリチュアリティ” 講師:堀口美智子 ほか
https://www.reservestock.jp/events/251115 

 ●6月9日 (土)~10日(日)
”Love – Amor & Affection” 講師:マルセーロ・ディ・マテオ
https://www.reservestock.jp/events/256373 

 

★日常の小さな気づきと体験を積み重ねるショートクラス★
VitalDanza®公式HP
http://vitaldanza.jp/ 

Facebookページ
https://www.facebook.com/VitalDanzaJapan/

 


<ワークショップ体験者の声>

・私なんて、って思うことがなくなって、自信がついたよう(37歳 会社員)
・自分らしくいられるようになった (35歳 マッサージセラピスト)
・人とのコミュニケーションが楽になった (27歳 会社員)
・女性性がにじみ出てきたと思う、そう周りの人に言われるようになった (52歳 デザイナー)
・子どもに対する接し方に変化が出てきて、子どもが素直になった (39歳 主婦)
・彼への愛を表現できるようになった。彼から「身体の動きがセクシーでエロイ♡」と言われた。(42歳 会社員)