愛とスピリチュアリティー

VD Japan Blogスピリチュアリティー愛とスピリチュアリティ

人生に愛と喜びをもたらすVitalDevelopmentⓇ愛とスピリチュアリティ―

神様、天使、神秘、・・・憧れるけど・・・、触れることができない、触れられない、軽々しく扱ってはならない・・・と、それらは日常からずっと遠くにある世界、なのではないでしょうか。
「あなたの中に神様はいますよ」、「あなたの中に神聖さがあります」という人もいるけど・・・

都会のラッシュ時、行きかう人々は殺伐としたエネルギーに満ちているし、会社では人との接触さえなく機械のように仕事をこなすだけ。時間、空間、お金のゆとりもなくて、気が付くと必死に生きていたり、同じ毎日の中に埋もれている自分がいたり。

どこにも神様も、天使もいない、人間的な愛さえもほど遠い日常の中にいては、神聖な世界は神殿や人里から遠く離れた森林とかにしかなさそう。

(さらに…)

VD Japan Blogスピリチュアリティー愛とスピリチュアリティ

1. 3つのレベルの愛について

「愛しています」
ちょっと恥ずかしいような、くすぐったいような感じ?

試しに、このフレーズを小さい声でつぶやいてみてください。
そして、対象者を決めて言ってみるようにしてみると・・・、

自分
お付き合いしている男性・女性、
お父さん、お母さん、
息子、娘、大切な友達、
お花、海、空、大好きな場所、
神様、女神様・・・、など。

どうでしょう?

(さらに…)

VD Japan Blogスピリチュアリティー愛とスピリチュアリティ

2. 男女の性愛(セクシュアリティー)の本当のこと

愛には3つのレベルがある、と書きましたが、
今回は肉体レベルの愛、特に男女間の性愛について、お話をしたいと思います。


こんなお悩みをよく聞きます。

「パートナーが欲しいけどいつまでもできない」
「セックスが好きじゃない」「満足したことがない」

など。


パートナーシップのことだから、どうにもならない、と解決方法はない、と考えがちと思います。
でも、パートナーができるできない、パートナーとの肉体関係に満足するかどうかは、自分自身がそのまま映し出される、結果のようなもの。 (さらに…)

VD Japan Blogスピリチュアリティー愛とスピリチュアリティ

4.神聖な愛について

神聖な愛、と聞くとどんなことを連想しますか?

聖母マリアとか、イエスキリスト、究極の事態で我を忘れて人を助ける姿、一身に何かや誰かに身を捧げるイメージ、

などでしょうか。


それは、私たちの憧れの姿でもあると思います。

でも、いざ現実的に自分がそうなろうとしたら・・・、

(さらに…)

VD Japan Blogメディカル心と身体愛とスピリチュアリティ

触れることは遺伝子も変える!? バイタルダンス 触れることの魔法~Magic Touch

こんにちは。

バイタルデベロップメント ジャパン
ファシリテーターの mikoです。

 

触れ合いが健康と幸せをもたらす

近年、このようなタイトルは、よく目にするようになった、ありきたりな言葉だな、と思うのは私だけでしょうか。

「触れ合うことで、オキシトシン(=幸せホルモン、絆ホルモンといわれる)が分泌されて、
幸せ感、愛情が深まります」って、どこかで聞いたことあるのではないでしょうか。

さて、先日、触れ合うことについて考えながら、Amazonをみていたら、面白そうな本を見つけました。

「皮膚感覚から生まれる幸福」著者 山口創 です。

なかなかわかりやすくてちょっとほろっとする本です。

読み終わって、
「触れ合いってやっぱりいいんだよね、そういえば最近中学生の息子をハグしていないな」
と思って、息子を、前よりもずっと筋肉がついてきた身体をハグしてみました。

そして、ついでに、ほぼ無理やり、ほっぺにチュウもしたんですが・・・・、
あまり嫌がりもせず笑っていました。

 

そのあとの感覚はやっぱり違いました。

昔に戻るというか、親子のつながりが戻るというか。

言葉だけでは、ご飯を作るというだけでは、伝えられない、何かがすっと流れた感じでした。

ほんの数秒の触れ合い、マジックだなあ、と思ったのでした。

 

触れることは遺伝子も変える!?

さて、その本の中で、いくつか、ほほーっ、なるほど~!!と感激したお話がありますので、ここに紹介したいと思います。

「赤ちゃんとの触れ合いが将来まで遺伝子に影響する」というタイトル。

 

アメリカの大学の研究で、生後5週の時期から4歳半まで、子どもへの身体接触が多い場合と少ない場合の違いを観察した結果
免疫系と代謝に関与する遺伝子の発現が異なった、のだそうです。

つまり、親からよく触れられていると、免疫と代謝が正常に働いて健康になるだろう、ということなんですね。

※遺伝子は最近の研究により、「遺伝子は絶対的存在、変えられない」、のでははく、
「生まれてからの環境も影響する」のだそうです。(エピジェネティクス、という学問分野)

子どもは本当にかわいいもので、触れずにはいられない♡のだけど、
その自然な行為が子どもの成長、健康、幸せにポジティブな影響を与えるということ、なのですね。

 

ほかにも、いろいろな例が挙げられていて、

‐恋人のハグは風邪ウイルスへの感染を予防する効果あり。

‐スキンシップがある夫婦は幸せを感じる割合が高い。

握手があることでビジネスにおいて交渉をポジティブに進められる

‐ちょっとしたタッチが加わることで、商品の購買数があがる。

など。

なかなか面白いですね。

 

 

触れることの達人になる

さて、触れることの良さについて書いてきましたが、触れ合いは何でもいい、のではないですよね。

好きじゃない人に触れられたら嫌だし。

下心ありの手で触れられたらゾッとするし。

そもそも触れる、触れられることに抵抗がある人もいるし。

では、どんな触れ方がいいのでしょうか。

それは、どうぞ、ぜひ、Vital Development®で体験してください、

というのが実の答えなのですが、ぜひこの後も読み進めてくださいね♪

 

答えは・・・!。

手で触れるのではなく、ハートで触れる、です。

Vital Development®創始者、パトリシア・マルテーロは、よくいいます。

「ハートから伸びた手で触れて」と。

 

実際、手の平は、腕と、そして腕は、胸へとつながっていますから、そういったことなのかなあ、と思うかもしれません。

パトリシアが言っているのは、愛を感じて、愛を感じるとそれがハートから腕に手に伝わって、
愛の虹をかけるように相手に触れると、愛が流れ伝わっていく、ということなのです。

そんな風に触れられたら、溶けちゃいますよ。

もっともっとそんなタッチが欲しい、と求めちゃいます。

触れられることが苦手だったとしても、そういうこと、どこかへ行ってしまいます。

 

そして、本能が目覚め、本当に欲しいことに正直に、
いつのまにか、あるがままの自分を抱きしめるようになっています。

それが、触れることの魔法、です。

 

Vital Development®では、急がず慌てず、ゆっくりと、触れる魔法を使えるように、導いていきます。

美しい音楽や心地よい言葉かけの中で、喜びを感じ、愛が感じられるように。

やわらかいハートになって、繊細な触れ合いができるようになっていきます。

そしてそれは、一度体験したら忘れられないポジティブで温かい記憶となって、脳に身体の細胞に生き続けます。

 

だから、来てください。

小さいころに得られなかった愛を受け取りに。

心が求めるものを見つけに。

本当の自分と出会うために。

人生に喜びをもたらして、あなたの人生を謳歌するために。

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございます。

ファシリテーター miko

 

***************************

Magic Touch 癒やし育みつながるやさしい手の魔法を踊る~
2/22~24 @馬橋区民集会所
詳細:お申し込みはコチラ
https://www.reservestock.jp/events/321523