4.神聖な愛について

投稿日:

神聖な愛、と聞くとどんなことを連想しますか?

聖母マリアとか、イエスキリスト、究極の事態で我を忘れて人を助ける姿、一身に何かや誰かに身を捧げるイメージ、

などでしょうか。


それは、私たちの憧れの姿でもあると思います。

でも、いざ現実的に自分がそうなろうとしたら・・・、


生活が成り立たなくなるかも、
何かを犠牲にしなくちゃいけないかも、 などという恐れや疑問を感じるかもしれません。

だから、神聖な愛、って遠い世界、いつかは触れたり得られたりするかもしれないけど、今じゃない、って思うかもしれません。

 

でも、もし、憧れがあるとしたら、そんなことをしてみたい、そんな人になってみたい、
と思うとしたら・・・・・すでにあなたの中に神聖な愛が存在しています


イメージが描けるということは、存在しているということですから。
特別な人でなくても、すごく特別なことをしなくても、いつでも神聖な愛と繋がることができます。

 


では、どのようにしたら、それが可能なのでしょうか。


神聖な愛は、「好き嫌いを越えた感情や感覚」の時に現れてきます。
ですから、好き嫌いを越えた状態を作るための何かきっかけを作っていけばいいのです。

ここで、日常生活の中で簡単にできる4つのエクササイズをご紹介します。


————————————–

1)1日1回小さな親切をする
2)2時間しかない!エクササイズ
3)育ての親に感謝するエクササイズ
4)自然のスピリット、神様と繋がる

————————————–


1) 1日1回小さな親切をする

日常生活の中で、何でもいいので、小さないいことをしてみます♪

例えば、

・お店で定員さんににっこり笑いかける
・歩きながら、通りすがりの人に対して、心の中で「今日一日よいことがありますように」と祈る
・エレベーターで、進んでボタンのそばに立ち、人々の乗り降りをサポートする
・倒れている自転車を見たら立て直してあげる

など。

誰も見ていないし、感謝されないかもしれないけど・・・この小さな親切が、献身の行為です。

これを積み重ねれば、無条件の愛のエネルギーが太くなりますそして、無条件の愛でつながる人間関係や仕事が引き寄せられてきます。

 

2)2時間しかない!エクササイズ

こんなエクササイズをやってみましょう。

「あなたに明日はありません。
明日どころか、2時間しかありません。
つまり2時間後にあなたは死ぬのです。」
と言われたら・・・、

この2時間の間に何をしますか?

 

・・・・・・・・・・・

 

 

会いたい人、やりたいこと、いくつか出ましたか?

 

どんな気分になるでしょう。

 

もし、本当にあなたにとって大切だ、と感じられたら、あなたとそれらとは、条件のない愛で結ばれています本当に愛している人たち、愛を注ぎたいことがらに思いを寄せるだけで、あなたの中に無条件のどこまでも広がる愛のスイッチが入ります。

 

3)育ての親に感謝するエクササイズ

お父さん、お母さん。

二人に対していい思い出があってもなくても、私たちが存在する理由が両親にあります。

両親がいなければ、私たちはこの世に存在していないんですよね。

時に人は、親を許せない気持ち、不満を持つことがあります。
愛情を注いでくれなかった、
大変つらい家庭環境だった、

など、変えることのできない過去に思いが残り、心が癒されないことがあります。

 


過去の事実は変えることはできないけれど、今の自分の感じ方を変えることはできます。

お父さん、お母さんにいい思いを抱いていても抱いていなくても、こんなエクササイズをやってみてください。

———————————————–

お父さんにありがとう、と言います。
もし、何かいい思い出があれば、それらを思い出しながら感謝の言葉を言います。

お母さんにありがとう、と言います。
もし、何かいい思い出があれば、それらを思い出しながら感謝の言葉を伝えます。


※最初は、ちょっと難しそう、自分にはできないと思うかもしれません。でも・・・勇気を出してやってみてください。きっとハートの中でなにかが起こります。トライしてみてください。

 

 

4)自然のスピリット、神さまと繋がる

さて、4つ目最後のエクササイズです。
献身、無条件の愛は、人間、を越えたところにある究極の感情、とお話ししましたが、
その領域はつまり、神さまとの接点でもあるんですね。

そして、無条件の愛で満たされているとき、愛からの行動で没頭しているとき、神さまの世界はすぐ近くにあって、神さまエネルギーが通りやすくなっています。

神さまエネルギーが通りやすい状態になっていると、無条件の愛はいつも湧き出る泉のようにあふれ、男女の愛もピュアで美しいものに、職場や友人関係も互いを助け高めあう美しい関係になります。

だから、私たちは、自然や神社などに行きたくなるのかもしれません。

日常の中で、忙しい日々の中でも少しだけ時間を作って、自然と触れたり、神聖なエネルギーが通る神社などにいって、身体中に自然や神さまエネルギーを浴びるようにするといいですよ。

そして、木々やお花、空や雲、海に向かって、神さまに対して、「愛しています」と心の中で伝えるようにすると、自然や神さまが、あなたを愛するようになります。

 

 


4回にわたって、愛とスピリチュアリティについてお伝えしてきました。
いかがでしたか?まだ読んでいないコラムがあればぜひどうぞ!

目次:
1.3つのレベルの愛について
2.男女の性愛(セクシュアリティー)の本当のこと
3.愛し愛される体質づくり
4.神聖な愛について

 

さて、音楽と動きのムーブメントワークVital DevelopmentⓇでは、
自分やグループの人々を通じて、愛や神聖さと繋がることのできるエクササイズを実践することができます。

動きの中のマインドフルネスな感覚(今・ここに100%いること)を体験したり、無条件の愛を感じ表現したり、エンジェルな感覚を体験したりします。


★初めての方はこちらからおすすめ★

<体験的ワークショップ>
7つのチャクラとスピリチュアリティ
5月18日(金)19:00-20:45 イントロダクションワーク
@上北沢区民センター 多目的室 (京王線「上北沢駅」南口から徒歩3分)
https://www.facebook.com/events/585120878525126/  


深い愛の体験の幕があきますーマルセーロ・ディ・マテオ氏来日プログラム初日

6月8日(金)19:00-20:45 イントロダクションワーク
@代沢東地区会館 2階大会議室(京王井の頭線「池ノ上駅」徒歩6分)
https://www.reservestock.jp/events/256373


★深く体験、実感して実生活に生かす鍵を見つける★

<ウィークエンドワークショップ>
● 5月19日(土)~20日(日)
”愛とスピリチュアリティ” 講師:堀口美智子 ほか
https://www.reservestock.jp/events/251115 

 ●6月9日 (土)~10日(日)
”Love – Amor & Affection” 講師:マルセーロ・ディ・マテオ
https://www.reservestock.jp/events/256373 

 

★日常の小さな気づきと体験を積み重ねるショートクラス★
VitalDanza®公式HP
http://vitaldanza.jp/ 

Facebookページ
https://www.facebook.com/VitalDanzaJapan/

 

 

——————————————————–

  • ワークショップ体験者の声

・人に対して愛情深い自分がいました。(33歳 主婦)
・ワークショップを受けた後、近くの公園を歩いていたら、木々の葉っぱが語りかけてくるようで不思議でした。
(32歳 セラピスト)
・天使のワークがとてもよかった。本当に羽が生えて身体も心も軽くなっちゃいました。(42歳 ピアニスト)
・深い愛を体験しました。愛されるってこんなにもすごいことなのか、と、愛のエネルギーに対してそれまでとは全然違う感覚でとらえるようになりました。(38歳 ライター)

 

 

アップル社創業者のスティーブジョブスの最後の言葉をここに紹介します。
※巨額の富を築いた実業家でした。56歳という若さで亡くなりました。

————————————————————

私は、ビジネスの世界で、成功の頂点に君臨した。

 

他の人の目には、私の人生は、

成功の典型的な縮図に見えるだろう。    

 

しかし、仕事をのぞくと、喜びが少ない人生だった。

人生の終わりには、富など、私が積み上げてきた

人生の単なる事実でしかない。   

 

病気でベッドに寝ていると、

人生が走馬灯のように思い出される。

 

私がずっとプライドを持っていたこと、

認証(認められること)や富は、

迫る死を目の前にして

色あせていき、何も意味をなさなくなっている。   

 

この暗闇の中で、生命維持装置の

グリーンのライトが点滅するのを見つめ、

機械的な音が耳に聞こえてくる。   

 

神の息を感じる。死がだんだんと近づいている。

 

 

今やっと理解したことがある。

 

人生において十分にやっていけるだけの

富を積み上げた後は、富とは関係のない

他のことを追い求めた方が良い。

 

もっと大切な何か他のこと。 

 

それは、人間関係や、芸術や、

または若い頃からの夢かもしれない。   

 

終わりを知らない富の追求は、

人を歪ませてしまう。私のようにね。  

 

神は、誰もの心の中に、

富みによってもたらされた幻想ではなく、

 

愛を感じさせるための「感覚」

というものを与えてくださった。

 

私が勝ち得た富は、(私が死ぬ時に)

一緒に持っていけるものではない。

 

私が持っていける物は、愛情にあふれた思い出だけだ。

 

これこそが本当の豊かさであり、あなたとずっと

一緒にいてくれるもの、あなたに力をあたえてくれるもの

あなたの道を照らしてくれるものだ。

 

 

愛とは、何千マイルも超えて旅をする。

人生には限界はない。

 

行きたいところに行きなさい。

 

望むところまで高峰を登りなさい。

 

全てはあなたの心の中にある、

 

全てはあなたの手の中にあるのだから

———————————————

3.愛し愛される体質づくり

投稿日:

男女の愛についての質問です。

愛したい
愛されたい

あなたはどちらを望みますか?

 

女性の圧倒的多数(8割ほど)が「愛されたい」を選ぶようです。
確かに書いている私本人も(私、女性)「愛されたい」方を選びました!


女性にとって「愛される」ことは、陰・月の性質を持つ女性の本能なのかもしれませんね。


では、男性にとってはどうでしょうか。

陽・太陽の性質だし、積極的なイメージが強いから、きっと「愛したい」が多いのだろう、と思ったのですが。調査の結果では、6割がた、女性と同じように「愛されたい」のだそうです。


やっぱり愛はいっぱいほしい!……ということでしょうか。

 

 

さて、こんな悩みを聞くことがあります。

 

「自分は愛される価値がないと思う」
「愛するのが怖い。いつか裏切られて傷つくかも」
「愛情の乏しい家庭で育った。だから愛するってよくわからない」

 

心は繊細です。男女の愛だけでなく、親子や友達関係でも、傷つく体験はつらいもの。
子どものころは愛を受け取るだけでいい時期なのに、そこで愛の体験がないと感じるなら、
大人になって愛を受け取ることも与えることもできなくなるかもしれません。

 

愛、それは食べ物や空気のように私たちにとって必要な栄養素です。
赤ちゃんは親からの関心、愛がないと死んでしまうそうですが、
大人になってからも愛は生きていくために必要なエネルギーです。

 

さて、大人になってから愛の感受性をあげるには、
傷ついた体験があっても愛することができるようになるには、
愛に満ちた豊かな人生を送るには、自分自身で何かできることがあるでしょうか。


愛を高める3つのことについてお話ししたいと思います。

1)感覚が大事。考える、から感覚へのシフト。
2)自分中心を確立すること。
3)自分に正直になること。

 

1)感覚が大事。考える、から感覚へのシフト
「考える」よりも「感じること」を大事にすると愛の世界に近づきます。

考える、というのは、論理、理性の脳を使うので、基準に合わないと受け入れられなく自分や他者を批判したり、数字でしか割り出せない世界を信じるため、こうなったらどうなるだろう?と限られた可能性の中で物事をみて、不安や恐れがおきてきます。

世界は冷たく暗くなり、明るさや喜びが少なくなります。

これは愛とは真逆の世界。

愛は、感じる世界。
人が嫌なことを言っていてもその奥にある優しさや悲しみなどがわかる、感じると、許せます。

相手を感じてあげることができれば、相手は安心します。感じるは、安心の喜びの、愛の世界へと通じています。パートナーシップ、親子関係、どの関係においても、「感じること」は愛あるコミュニケーションの土台になるでしょう。

もし、考えることが好き、とか、いつも頭を使ってばかり、という人は、感覚を使うようなことをするとよいでしょう。
音楽を聴いたり、ダンスをしたり、美しいお花を眺めたり、食事を味わったり。

 


2)自分中心を確立する。
自分中心って、エゴイスティックじゃない?と思うかもしれません。

ここでの自分中心とは、自分を尊重するという意味のことです。

傷つきやすい、人に左右されやすい、愛される価値がない、という人は、自分がどう感じるか、どう思うか、よりも、他者がどう見るか思うか、と他者基準になっていることがあります。
周りの評価が基準になると、周りに左右されますし、依存もしやすくなります。

自分が期待していることが得られないと、傷つきやすくなったり、不安定になり、愛に条件付けをするようになってしまいます。

一方、自分中心を確立している人は、「私は私」、とか、「今の私はこう」など、自分に対してニュートラルになれるので、安定しています。

また、他者を自分と同じように尊重できますあの人の意見は私と合わないなあ、と思っても、それはそれでいい、と思えて人間関係の悩みが少なく楽です。

 

 

3)自分に正直になる
自分に正直になる、ということは、愛へのコミットメント。
自分を大切にするというのは、人を大切にすること。
自分を愛することは、人を愛すること。

本当の心が望まないのにやっている、を続けていると、自分を粗末に扱っていることに・・・そしてそれは、人に対しても丁寧に扱わないことになってしまいます。

だから、小さなことから、自分に正直になること、を約束してみるといいですね。

「いつも誘われると参加しているグループのランチ会。本当は楽しくなく義理で参加しているから、3度に1度の参加にしてみよう!」
とか、

「私は子どものころからバレエを踊りたかった。今更と思うけど、習い始めよう☆」
など。

そんな風に自分に正直になるように心がけて行動へ移していくと、愛へのコミットメントが太くなるので、愛が大きくなっていきます。

誰かを愛するときには自分から「あなたが好き。なんでもしてあげたい!」と熱い愛を注ぐことができるでしょうし、相手からは熱烈に愛されるようになっているでしょう。

 

 次回のコラムは、いよいよ最終話、 4.神聖な愛について です♪

 

目次:
1.3つのレベルの愛について
2.男女の性愛(セクシュアリティー)の本当のこと
3.愛し愛される体質づくり
4.神聖な愛について


 

☆★愛し愛される体質づくりは、実際にトレーニングを受けることが一番効果的です。
Vital DevelopmentⓇでは、音楽と動きのムーブメントワークの中で、感覚を豊かに感じられる環境を整えています。
また、楽しむこと、自分を愛することを動きの中で実践し、他者との温かい愛に満ちたやり取りも自然と湧き出るようになっています。
ここでは日常生活ではなかなか出会えない愛の世界を体験できます。

 

★初めての方はこちらからおすすめ★

<体験的ワークショップ>
7つのチャクラを愛で開きます
5月18日(金)19:00-20:45 イントロダクションワーク
@上北沢区民センター 多目的室 (京王線「上北沢駅」南口から徒歩3分)
https://www.facebook.com/events/585120878525126/  


深い愛の体験の幕があきますーマルセーロ・ディ・マテオ氏来日プログラム初日

6月8日(金)19:00-20:45 イントロダクションワーク
@代沢東地区会館 2階大会議室(京王井の頭線「池ノ上駅」徒歩6分)
https://www.reservestock.jp/events/256373


★深く体験、実感して実生活に生かす鍵を見つける★

<ウィークエンドワークショップ>
● 5月19日(土)~20日(日)
”愛とスピリチュアリティ” 講師:堀口美智子 ほか
https://www.reservestock.jp/events/251115 

 ●6月9日 (土)~10日(日)
”Love – Amor & Affection” 講師:マルセーロ・ディ・マテオ
https://www.reservestock.jp/events/256373 

 

★日常の小さな気づきと体験を積み重ねるショートクラス★
VitalDanza®公式HP
http://vitaldanza.jp/ 

Facebookページ
https://www.facebook.com/VitalDanzaJapan/

 


<ワークショップ体験者の声>

・私なんて、って思うことがなくなって、自信がついたよう(37歳 会社員)
・自分らしくいられるようになった (35歳 マッサージセラピスト)
・人とのコミュニケーションが楽になった (27歳 会社員)
・女性性がにじみ出てきたと思う、そう周りの人に言われるようになった (52歳 デザイナー)
・子どもに対する接し方に変化が出てきて、子どもが素直になった (39歳 主婦)
・彼への愛を表現できるようになった。彼から「身体の動きがセクシーでエロイ♡」と言われた。(42歳 会社員)

 

2. 男女の性愛(セクシュアリティー)の本当のこと

投稿日:

愛には3つのレベルがある、と書きましたが、
今回は肉体レベルの愛、特に男女間の性愛について、お話をしたいと思います。


こんなお悩みをよく聞きます。

「パートナーが欲しいけどいつまでもできない」
「セックスが好きじゃない」「満足したことがない」

など。


パートナーシップのことだから、どうにもならない、と解決方法はない、と考えがちと思います。
でも、パートナーができるできない、パートナーとの肉体関係に満足するかどうかは、自分自身がそのまま映し出される、結果のようなもの。


自分が放つバイブレーションのようなものが、「誰か」を引き寄せますし、
パートナーとの関係は自分のエネルギーと相手とのダンスのようなもので、性の否定、苦手意識や自信のなさなどがあればうまくいかないでしょう。


もしも、

「自分の身体が好きになれない、どこかが不満」
「忙しくて自分のことをケアしたり面倒見る時間がない」

など、身体に対して否定的だったり、優しくなかったとしたら、まずは、自分の身体を大事にすることから始めるといいですね。

たとえば・・・?


身体が喜ぶ食事をする、

自分に合うエクササイズをして身体を喜ばせる
身体に触れていたわる、
自然がいっぱいの気持ちの良い場所で過ごす・・・など。

 

 

「自分」を大切にすること、愛することを「自愛」といいますが、それが当たり前になってくる頃には、愛というバイブレーションが放たれて、目の前に幾人かの異性が現れたり、パートナーとの肉体関係に対して肯定的になっているかもしれません。

 

 

さて、さらに、男女の違いも知って、互いを尊重することができれば、より良い関係を持つことができます。

 

男性脳、女性脳、という言葉を聞いたことがありますか?

男性と女性では脳の特性が違い、感じ方や考え方が異なります。

男性は直線的、論理的で結果をすぐ出したく、

女性は曲線的、感情的で相手との共感を得て初めて楽しむことができます。

※女性が皆女性脳であるかといえばそうでもなく、女性の身体を持っていても男性脳が強い人もいますし、男性の場合も同じく、女性脳が優位の人もいます。


女性は、感情的に満たされることを大切にするので、まずハートで愛を確かめて、その次に性の衝動へと移行します。

男性は、直線的、ストレートなので、性の衝動からすぐに結果を出す行動へと移ります。

そこでギャップが出てしまうので、ゆっくりと時間をかけて愛を確かめるステップをふむことがとても大切なのですね。

 


さて、女性のハートが開いたら、今度は身体の中へ通じる扉を開いて、相手方を内へ招き入れ、男性は、外から内へ入り、女性の中に広がる「宇宙」で愛し合います。


「宇宙」と表現しましたが、宇宙とは、地球のように陰と陽のような相対的なエネルギーが存在しないゼロ空間。


男女の身体を通して愛し合うということは、生まれる前にいたであろう、陰陽、男女と別れていない「宇宙」の中でひとつになることができる、完全体となって本来の自分を確かめるということなのかもしれません。

 

 

次回のコラムは、 3.愛し愛される体質づくり です♪

 

目次:
1.3つのレベルの愛について
2.男女の性愛(セクシュアリティー)の本当のこと
3.愛し愛される体質づくり
4.神聖な愛について


 

男女の性愛‐セクシュアリティーをテーマにした、
音楽と身体の動きを使ったVital DevelopmentⓇワークショップ。
自然とセクシュアリティーが開き、豊かな自分になれるムーブメントワークです。

 

★初めての方はこちらからおすすめ★

<体験的ワークショップ>
7つのチャクラを愛で開きます
5月18日(金)19:00-20:45 イントロダクションワーク
@上北沢区民センター 多目的室 (京王線「上北沢駅」南口から徒歩3分)
https://www.facebook.com/events/585120878525126/  


深い愛の体験の幕があきますーマルセーロ・ディ・マテオ氏来日プログラム

6月8日(金)19:00-20:45 イントロダクションワーク
代沢東地区会館 2階大会議室(京王井の頭線「池ノ上駅」徒歩6分)
https://www.reservestock.jp/events/256373


★深く体験、実感して実生活に生かす鍵を見つける★

<ウィークエンドワークショップ>
● 5月19日(土)~20日(日)

”愛とスピリチュアリティ” 講師:堀口美智子 ほか
https://www.reservestock.jp/events/251115 

 ●6月9日 (土)~10日(日)
”Love – Amor & Affection” 講師:マルセーロ・ディ・マテオ
https://www.reservestock.jp/events/256373 

 

★日常の小さな気づきと体験を積み重ねるショートクラス★
VitalDanza®公式HP
http://vitaldanza.jp/ 

Facebookページ
https://www.facebook.com/VitalDanzaJapan/

 


<ワークショップ体験者の声>

36歳 女性
私はいつも周りの人から「男っぽい」と言われ続けていました。
スカートを最後にはいたのは、18歳のころ。いつもパンツ姿で、お化粧もしない私。
女性的な人や洋服や雰囲気って、なんか媚びている感じがしたりして、結構、女性を否定していました。
バイタルデベロップメントに参加したのは、フリーダンスだということを聞いたからです。
自由に踊るのが好きだったので。
そして、参加してみたら、すごく楽しくて、時間が止まってしまうような瞬間が何度もあって、あ~、もう終わっちゃった、と毎回そういう感じでした。
そんな楽しい時間だったけど、苦手なことが一つありました。
自分の中の流れを感じて踊る、というようなセクシュアリティーな感じのエクササイズです。身体が思うように動かせなくて、ガチガチな感じで、いつも違和感を感じていました。
1年くらいたったころでしょうか。あるとき、アフロディーテのエクササイズ、みたいなことをやったときに、腰も身体も全部滑らかに動いていていました。それまでに感じたことの内容な心地よさでした。
その後からだと思います。急に洋服の趣味が変わりました。極端ですけど、ひらひらのお洋服が欲しくなったり、かわいい下着を買ってみたり。それまで否定していた「女性」、に急に戻った感じで。そうしたら、ちょっとだけ、モテるようになって・・・。今では「女性」であることを楽しんでいます。


32歳 女性

親から「セックスはいやらしいもの。男性に気を付けなさい。」と言われて育ちました。
彼氏ができても手をつなぐのは楽しいし、触れるのも気持ちがいいと思っていましたが、1,2度セックスをするともう嫌になってしまい、セックスレスが続いていました。
当然彼ができてもあまり関係が続きません。そんな時に、セクシュアリティーを開く、というテーマのバイタルデベロップメントのワークショップがあって、参加してみました。
連続のワークショップだったのですが、回を重ねるごとにいろいろにオープンになれてきて、性に対するゆがんだ見方が少しずつ変わっていったと思います。
今では前よりも彼との関係が楽しめるようになったと思います。

 

1. 3つのレベルの愛について

投稿日:

「愛しています」
ちょっと恥ずかしいような、くすぐったいような感じ?

試しに、このフレーズを小さい声でつぶやいてみてください。
そして、対象者を決めて言ってみるようにしてみると・・・、

自分
お付き合いしている男性・女性、
お父さん、お母さん、
息子、娘、大切な友達、
お花、海、空、大好きな場所、
神様、女神様・・・、など。

どうでしょう?

気持ちがふっと軽くなったり、
ハートがふわっと広がったり、
身体が熱くなったり、
するかもしれません。

いい気分になること、身体で感じること、

そう、愛は特別なこと、ではありません。
遠いどこかにあるのではなく、
いつも自分の中にあって、日常生活の中で、
ふとチャンネルが合えば愛というエネルギーが流れていることに気が付くでしょう。

愛は、私たちに安心感や幸せ感をもたらして、
身体によい影響を与えて、健康をもたらします。

もし、日々の生活の中で、
ピリピリ、イライラしている、
自分を責めたり、
人をうらやましく思ったり、
身体が重いなと感じたり、したときは、

ちょっと呼吸をして、自分に優しく触れたり、
いい気持がする音楽をかけたり、
そして、「愛しています」、と心の中でつぶやくことができれば・・・。
こんな風なちょっとしたポジティブなアクションで、
愛の泉につながることができると思います。

 

 

さて、ポジティブな影響を与える愛について、もう少し深く考えてみたいと思います。

愛というエネルギーは、まるで血液のように、
私たちの中をいつも流れていて、複数人が愛のエネルギーでつながれば「愛し合い」ますね。
そして、愛は大きく3つのレベルに分けてみることができます。

1.本能的、肉体レベルの愛、
2.感情的、情愛、ハートの愛
3.献身、神聖な愛、神や自然とのつながり

1の愛は、身体で感じる、表現する愛。
自分の身体に触れて自分を愛することや、
男女間のセックス、人との心地よい触れ合い、などですね。

2の愛は、心で感じる愛。
パートナーを心から愛する気持ち、
親が子どもに対して、愛おしいと感じる気持ち、
大切な友達を気遣う気持ち、などです。
愛、といえばこちらが一般的に認識されている愛のレベルです。

3の愛は、「自分」を超えたところに存在する愛。
魂同志が愛するということ、
自分を捨てて身も心もささげる献身、などです。

 

 

3つのレベルの愛は、どれも美しいものですが、
すべてが統合されると、またすごいことになります。

例えば、男女の関係においては・・・、
惹きあう魂同志が、心から愛しあい、
愛を身体で感じ表現するための、触れ合いやセックス、を通して、
3つの愛が融合するとき、
その最高点に達した瞬間を「エクスタシー」といいます。

その瞬間には、時間も空間も制限も何もなく、
ただ幸せ感や陶酔感、満たされた感があるだけ。

最高のスピリチュアリティ―、神聖さの中に漂っている瞬間、なのかもしれません。

ということは、神様や神秘とつながるキーは、「愛」。
愛は、神聖な世界とつながる懸け橋になるのかもしれません。


次回のコラムは、2.男女の性愛(セクシュアリティー)の本当のこと です♪

 

目次:
1.3つのレベルの愛について
2.男女の性愛(セクシュアリティー)の本当のこと
3.愛し愛される体質づくり
4.神聖な愛について


 

・ただ生きているだけ働くだけの人生から脱却したい、
・ひとりぼっちと感じてしまう、
・愛し愛されるパートナーシップが欲しい、
・意味ある愛に満ちた人生を求めている、
・日常の中で神様と繋がることができるなら体験してみたい
など思う方へ☆★

 

 

日常の中に愛とスピリチュアリティ―が満ちていることを実感できる、
Vital DevelopmentⓇのワークショップ。ぜひご体験ください。

 

★体験的ワークショップ

7つのチャクラを愛で開きます
5月18日(金)19:00-20:45 イントロダクションワーク
@上北沢区民センター 多目的室
https://www.facebook.com/events/585120878525126/  

 

深い愛の体験の幕があきます
6月8日(金)19:00-20:45 イントロダクションワーク
@代沢東地区会館 2階大会議室(京王井の頭線「池ノ上駅」徒歩6分)
https://www.reservestock.jp/events/256373

 

★深く体験、実感して実生活に生かす鍵を見つける
5月ウィークエンドワークショップ / 5月19日(土)~20日(日)
”愛とスピリチュアリティ” 講師:堀口美智子 ほか
https://www.reservestock.jp/events/251115 

6月ウィークエンドワークショップ /  6月9日 (土)~10日(日)
”Love – Amor & Affection” 講師:マルセーロ・ディ・マテオ
https://www.reservestock.jp/events/256373 

★日常の小さな気づきと体験を積み重ねるショートクラス
VitalDanza®公式HP
http://vitaldanza.jp/ 

Facebookページ
https://www.facebook.com/VitalDanzaJapan/

2018年5月

投稿日:

終了しました

愛とスピリチュアリティー
~愛し愛される自分づくり
☆人との関係に愛のエッセンスをもたらすワークショップ~

バイタル デベロップメント8周年記念スペシャルワークショップ
7つのチャクラとスピリチュアリティー
(イントロダクション・ワークショップ)
5月18日(金)19:00~20:45
会場:上北沢区民センター 多目的室
(京王線 上北沢駅南口徒歩3分)
会場アクセス

ウィークエンド・ワークショップ
5月19日(土)13:30~18:00
会場:上北沢区民センター 多目的室
(京王線 上北沢駅南口徒歩3分)
会場アクセス

5月20日(日)15:00~19:30
会場:世田谷区総合運動場 軽運動室
(都立大学、渋谷、成城学園前などからバスが出ています。)
会場アクセス

新緑が深まりいのちの輝きが増す5月、
愛とスピリチュアリティ―のVital Development Workshopが開催されます。

・人に愛されたいし、愛したい
・魅力的な女性/男性になりたい
・愛に満ちたスピリチュアルな人生を送りたい

そんな風に思うことはありませんか?

また、

「自分は愛される価値がないと思う」
「恋愛ができない」
「人との関係につまづくことが多い」
「愛とは縁遠い人生」

・・・などのお悩みを持っていませんか?

そんな願いがあっても、
問題を感じていても、たいてい、

「性格だから」「いつものパターンが身についていてどうしようもない」
「過去のトラウマが大きすぎてこのまま同じことの連続」

といったようなあきらめの気持ち、どうしたらいいの?という声もよく聞きます。

では、どうしたらよいのでしょうか。

一言でいえば、愛を体験すること以外にはありません。

こうしたい、こうなりたい、と思っている間は、そうしたい、そうなりたい、という状態が永遠に続くだけです。

その願いをひとかけらでも体験してみて初めて、願いがかなうスタート地点に立てるのです。

Vital Developmentは、いとも簡単に、心地よさの中で、それを体験することのできるメソッドです。

美しい音楽の中で、心が動き、身体の動きとなって、
私たちが持つすべての美しい側面を体験することができます。

守られた環境の中で、人との神聖で温かい関わりの中で、
安心して愛を体験することができるのです。

私(インストラクターmiko)は、20年間、Vital Developmentで、
生徒として、また教える側として、内なる宝と出会ってきました。

愛はその最も美しく最も大切な宝です。

5月のワークショップで、みなさんに、たくさんの愛に出会ってもらいたい、
本当のスピリチュアリティ―を体験してもらいたい、と思っています。

皆様の本当の願いが叶いますように、
愛に満ちた人生の種まきとなりますように心より願い、
一人でも多くの方がワークショップに訪れるのをお待ちしております。(Miko)

<ワークショップ>

バイタル デベロップメント8周年記念スペシャルワークショップ
7つのチャクラとスピリチュアリティー
(イントロダクション・ワークショップ)
5月18日(金)19:00~20:45
会場:上北沢区民センター 多目的室
(京王線 上北沢駅南口徒歩3分)
会場アクセス

ウィークエンド・ワークショップ
5月19日(土)13:30~18:00
会場:上北沢区民センター 多目的室
(京王線 上北沢駅南口徒歩3分)
会場アクセス

5月20日(日)15:00~19:30
会場:世田谷区総合運動場 軽運動室
(都立大学、渋谷、成城学園前などからバスが出ています。)
会場アクセス

<スクールレクチャー>
テーマ:バイタル デベロップメントの基礎5-愛とスピリチュアリティー
5月18日(金) 18:00~18:30
5月19日(土) 10:00~12:00(上北沢区民センター 第2会議室)
5月20日(日)12:00~14:00

※18日はスクール生のみ対象。20,21日は一般参加者も聴講できます。

料金:

イントロダクション 前売り 4,000円 ・ 当日 5,000円
ウィークエンド二日間通し 前売り 21,000円 ・ 当日 24,000円
ウィークエンド一日のみ 前売り 12,000円 ・ 当日 14,000円
三日間通し  前売り 24,000円 ・ 当日 28,000円
レクチャー参加費1回(土日どちらか) 前売り・当日 5,000円
レクチャー参加費土日両方   前売り・当日 10,000円
※前売り料金はワーク前日までのお申し込みとご入金をもって適用となります。

メインファシリテーター Miko(堀口 美智子)

2000年、Vital Development®創始者パトリシア・マルテーロと出会う。
パトリシアのダンスセラピーを受講する中で、自分らしく、正直に、熱く人生を生きることの決意を促された。
その後、パトリシアを日本に呼びワークショップ・スクールを開催し、Vital Development®を学び、2012年、公式ファシリテーターとなる。
何事も真摯に学ぶ姿勢、親しみやすい人柄と柔らかさ、力強さを持ち、出会った人々を内と外から輝かせ、時には人生すら変えてしまう、美の錬金術師。
Vital Development®を通して、人々に、喜びと内なる美しい宝に出会ってもらえるよう、健やかさと幸せに寄与したいと願い、活動を続けている。

Vital Development® Japan代表
指圧・あん摩・マッサージ師
フラワーエッセンスセラピスト

===============================================

6月のウィークエンド・ワークショップ
8日~10日
Love – Amor & Affection
~すべての愛を体験する3日間~

イントロダクション・ワークショップ
6月8日(金)19:00~20:45
会場:代沢東地区会館 2階大会議室
(京王井の頭線「池ノ上駅」下車徒歩6分)

会場アクセス

ウィークエンド・ワークショップ
6月9日(土)15:00~20:00
会場:代沢東地区会館 2階大会議室
(京王井の頭線「池ノ上駅」下車徒歩6分)

会場アクセス

6月10日(日)15:00~19:00
会場:ノアスタジオ学芸大学の4F B2スタジオ
(東急東横線 都立大学駅、または学芸大学駅より徒歩10分)
会場アクセス

 

ファシリテーター:マルセーロ ディ マテオ

 

詳細お申込みはこちら↓

人生に愛と喜びをもたらすVitalDevelopmentⓇ愛とスピリチュアリティ―

投稿日:

神様、天使、神秘、・・・憧れるけど・・・、触れることができない、触れられない、軽々しく扱ってはならない・・・と、それらは日常からずっと遠くにある世界、なのではないでしょうか。
「あなたの中に神様はいますよ」、「あなたの中に神聖さがあります」という人もいるけど・・・

都会のラッシュ時、行きかう人々は殺伐としたエネルギーに満ちているし、会社では人との接触さえなく機械のように仕事をこなすだけ。時間、空間、お金のゆとりもなくて、気が付くと必死に生きていたり、同じ毎日の中に埋もれている自分がいたり。

どこにも神様も、天使もいない、人間的な愛さえもほど遠い日常の中にいては、神聖な世界は神殿や人里から遠く離れた森林とかにしかなさそう。

(さらに…)